国立成育医療研究センターにて小児がんの情報共有プロジェクト「Story みんなの物語」が始動しました

この度オンライン院内学級KAYOUは国立成育医療研究センター様の小児がんに関するプロジェクト「Story みんなの物語」の協力団体として名前を連ねさせていただくこととなりました。闘病生活の中で苦しかったことや困ったこと、こんな言葉が嬉しかった、こんなときこんな道具が役に立った、など当事者のみなさんや保護者の方にしかわからない経験を募集されています。詳しくは以下をご覧頂き、ご賛同頂ける方はご協力いただけましたら幸いです。


参加について詳しくは上部バナーをクリック!

あなたの物語をききたいひとがいます。その物語はまた別のだれかの希望になります。
小児がん患者さん、経験者さん、保護者の方のたくさんの物語を、みんなの希望に変えるプロジェクトが始まりました。
※「物語」とは、小児がんの患者さん、経験した方やその保護者だからこそわかる気持ちや体験などのことをいいます。
経験者さんや保護者の方々が提供してくださる物語が、いま悩んでいる人のヒントになるかもしれません。
同じ悩みを抱えている人の存在が励みになるかもしれません。
また、さまざまな問題点や解決策を共有することで、支援の輪を広げていくことができると考えます。

目次

「みんなの物語」プロジェクトとは

小児がん患者さん、経験者さん、また保護者のみなさんの、心理社会的健康が向上するようなツールの開発を目的としたプロジェクトです。

ツールのイメージ図

小児がんを経験した方やその保護者だからこそわかる気持ちや体験、情報など(物語)を集めて、共有できるツールを開発します。


お問い合わせ先
国立成育医療研究センター社会医学研究部内
「小児がん患者・経験者の心理社会的困難共有ツールの開発」事務局
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
TEL : 03-3417-2647
E-mail : ccs_stories@ncchd.go.jp

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる